Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年09月15日

遠野日記6 9/5読み聞かせ隊2

 いよいよ読み聞かせ本番。まずは保育園。
 時間ちょうどに行き再度時間打ち合わせ。
 あぁ自分の勘違い、30分ほどのプログラムを組んでいたが1クラス一回10分のプログラムを何回かやってほしいとのこと

急きょプログラムを減らし初戦2歳児クラスは
「お花が笑った」
300138_254671667906134_100000899091971_767609_1476337870_n (1).jpg
→Oさんの「もこもこもこ」
313190_254672501239384_100000899091971_767611_951723214_n.jpg
→Oさん・Sさん・Mさんのペープサート「ぱんだうさぎこあら」。
300724_254675207905780_100000899091971_767621_1305739831_n.jpg
優しくていい雰囲気(^_^)


 転戦して3歳児クラス「お花が笑った」の後で、
さぁ行きまっせ「ふしぎなまど」。
とりあえず、「これ知ってる人〜!?」まぁ古い絶版品だし誰も知らないだろうけどとりあえず聞い…「(みんな一斉に)ハーーイ!!!」
…マジすか(-_-;)
“この保育園やるな、しょうがねぇ「ひもかとおもったら」をやるか、でも「ふしぎ」知ってんだったらこっちも知ってる可能性が高い、じゃあ絵本やるかあるひこねこねは流石にまだ知らんだろう”と0.5秒くらいで頭のレブをレッドゾーンに入れながらふと保育園の先生見ると、
苦笑しつつ「知らない知らない」と顔を振り振り。

(-ι_- )なるほどそうですかみなさんげんきなおへんじをきかせたかっただけなのですねおじさんあやうくだまされるところでしたよさっくりと。
 
 いやいや知らないんなら結構です。二度は使えないが初めてのヤツには煉獄並みの破壊力ですから。
305006_254676711238963_100000899091971_767628_583733104_n (1).jpg
ウケていただいて→
SANY0041.jpg
ペープサートも当然好評。
紙芝居でもペープサートでも黒い舞台があると格段にしまる。買って良かった布っきれ。

ちょっと時間オーバーしてしまって申し訳なかったが皆とても元気でこちらも楽しくなった。
前半戦終了。
posted by HappyBivouac at 11:15| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

遠野日記5 9/5読み聞かせ隊1

9/2、無い頭を捻って求人募集を張り出す。
IMAG0795.jpg

 センスねぇ。おかげで?2日間経って応募者一名。とはいえその方は足湯隊で一緒だった方で既に面識あり。とっても優しい雰囲気の保育士さん、千人力。しょうがねぇ、二人で行くかぁなんて腹くくりかけたら急にさらにお二人の名前が!嬉しい限り(^.^)
 
 しかしなんか手持ちのツールが心許ない。つかみでほっこりさせるテは無いものか。と来たらパペットキッズ直伝のあれしかない。
パペットキッズ.jpg

 さっそくパペキメンバーにお許しを頂き遠野市の岩田屋?「とぴあ」内の手芸屋さんで緑の手袋やらフェルト生地を買い込む。
 男臭い宿泊所で好奇の眼に晒されながら指に縫い針ブッ刺していると求人に応募してくれたSさんが「手伝いましょうか?」後から来たOさんも「手伝いますよ(^.^)」本当に優しい方々。
白手袋はがれき撤去用に滑り止めゴムが付いているもの。贅沢は言えん。完成。
Sさんは保育士の腕を存分に見せてあっという間にペープサートまで作っちゃった。急ごしらえながら装備は万端。いざ鎌倉。
304199_254691417904159_100000899091971_767782_816668751_n.jpg
posted by HappyBivouac at 22:57| Comment(4) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

遠野日記4 9/4分 足湯隊

9/4 前日に引き続き足湯隊に参加。
足湯隊ではただお風呂につけるのではなく手をさすってあげることで緊張・ストレスを癒やして貰おうというプログラム。出発前に講習が毎回受けられる。
13151987057991.jpg
足湯隊の隊長さんは阪神大震災以来、ボランティアを続けてきた経験豊富な方。今回も震災発生を知って即職場に辞表を出したとのこと。有り難い。またそれだけに知見もハンパない。

しかしこの日も講習中に訪問予定の仮説団地の自治会長さんから中止連絡。遠野と沿岸部の天候の差を思い知らされる。
前日同様被災地や仮説団地をみてまわることに。

 お昼は昨日と同じ陸前高田市で三軒だけ(!)再開している飲食店の一つ「うふふ」。野菜カレーを。
13152135584570.jpg

またハイエースのハンドルを握る。運転すると土地勘が得られるが尚更被害の大きさが実感出来る。

長期に渡って信頼関係を築き上げたボランティアだから入れる所を見せて貰う。並みの視察団なんかじゃ無理でしょう。
・忘れられがちなのは被災地から離れた場所にある小規模仮設団地。物資もボランティアも滞りがち。近くの工事現場に向かうトラックが行き交う砂利道を急登しなければ辿り着けない。徒歩のお婆ちゃんは?
・落ち着かないのは大規模仮設団地。必要か分からない物資を抱え込んでしまい狭くなった家の戸をボランティアがひっきりなしに叩く。
一括りに出来ない被災地で起こる諸問題、それは平時の日本に潜む問題が顕在化したもの。

posted by HappyBivouac at 14:13| Comment(2) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。