Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年03月19日

icebreaker

icebreaker.jpg

こいつも購入から息の長い、思い入れの強い品。ニュージーランドのサザントラバース'99に出場した折に自分土産として購入。結構なお値段だったがこいつが10年以上も超ヘビーローテ。柔らかく温かく体臭がつきにくいので、タイぶらぶら旅行やネパールトレッキングにも非常に重宝した。

 また半袖でも厚手の極上メリノーは温かく、汗をかいても拡散するため肌に張り付いて動きを妨げる事が無い。その為冬のボルダリングに持ってこい。雪の舞う河原岩にもこれ一枚で張り付ける。
 最近この「半袖の厚手」というのがなかなか見つからない。ニッチなんだろうが仕入れてくれんかな・・・。最近260シリーズの長袖を購入したもののでかいサイズを買ってしまい使い道に苦慮。普通の街着にしている。半袖を、また買いたい。

 国産メーカー等もメリノーは出していてそれを購入した友達が「メリノーは良くない」旨の発言をしていたがまた別の友達が「icebreakerと国産(モン~)は別物」とも言っていた。わざわざmont~の奴を買って比較する気にはなれんかな?割高でも10年以上一線で着れている品質を考えると逆に割安、icebrakerから離れられない気がする。

  
posted by HappyBivouac at 12:21| Comment(2) | 物欲モード(ウェア編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今期わざわざmont〜のミドルウエイトを購入して過酷な極寒の深夜業務に着用し、icebraker200との比較をしたので調査結果をお伝えします。

結果・・・どちらも甲乙つけがたい。

モンベルはコストパフォーマンスに優れており、機能性もちゃんとしている。
使い始めはやや寒さを感じるが、使い慣れてちょっと毛玉が出来るくらいからいい感じで保温してくれる。

icebraker200はお見込みのとおり機能性が高い。
でも、昔のskin200とは素材が違う感じ。最近は中国製。

短時間で0−100%の活動する我々は、一気に多量の汗をかきやすく、通常のインナーではすぐに体が冷えきるところをしっかり保温してくれました。

しかし、翌日の○○掻きの時にはicebraker200ジップアップが活躍しました。
みんな寒い寒いといってる中、私だけが平然としていたんですから・・・しかも暑いくらいだった!

まあ、そりゃそうですよね。アウターこそ同じ青の服着てたんですが、あたしゃ靴下からインナーまで冬山行けるような格好してたんですから(笑)


Posted by sadanosan at 2011年04月29日 00:19
インプレッションありがとうございます(^o^)/

なるほど、最近のは支那産なんですね。だからなにということも無いですが。

既に13年を経たTシャツが現役バリバリというのは本当にすごいと思っていて、その辺の思い入れが次の購入時に影響しそうですが、インプレッションを見る限りmonちゃんでも良さげですね。

...つかアウター未満は山装備、やりますね!
Posted by kosinuke at 2011年05月07日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。