Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年09月29日

遠野日記15 遠野まごころネットについて

キャプチャ.JPG遠野まごころネットについて。 
 これから遠野まごころネットに登録・参加を予定している方は「最低限」まごころネットのサイト
を熟読してもらいたい。http://tonomagokoro.net/
センターへのアクセス方法や準備する物などは当然だが「遠野まごころネットとは」の款もしっかり読むべきだと思う。「復興ビジョン」は発災からこれまで常に最良の支援の形を模索しつづける姿勢が見て取れる。どこぞの何とか会議の「復興への提言」等よりよっぽど地に足のついたものとなっていると感じている。当たり前か。
遠野まごころネットは個人がボランティア参加できるVCを、というスタンスも加味したとこからスタートしている。そのためボランティアしたいものは拒まないスタンスを取っているがこれは本当にすごいことだと思う。
宿泊所は遠野まごころネットは遠野市社会福祉協議会の「遠野市総合福祉センター」の建物の一部を活動拠点としている。
SANY0126.jpg
ここに仮設トイレ・シャワーや洗濯機・洗濯物乾燥用のテント等が増設されている。
SANY0120.jpg
SANY0121.jpg
SANY0118.jpg
現場作業用の長靴置き場。施設内が汚くなるのを防ぐため施設内への持ち込みは厳禁。
SANY0124.jpg

センター内の体育館が男性の宿泊所+パーティションで仕切られた区画に女性の荷物置き場。別の大きな和室が女性の宿泊に割り当てられている。
SANY0114.jpg
寝るためのスペースは女性1畳に1人、男性は3畳に4人割り当て、と言われていた。当然人数の増減はあるので多い時は暑苦しいものの、両隣それぞれ2畳空いている時なんかの時は逆に寂しい気がしたなぁ。
IMAG0959.jpg
共同生活は慣れているのでどちらかと言うと楽勝?夜中に叩き起こされることは無いからな。プライバシーは当然無いがストレスは感じなかった。
これはしかし徒歩圏内にコンビニ・本屋・ホームセンター等が豊富で、活動場所である沿岸部からかなり離れているという環境の良さが多分に影響している気がした。 
遠野から活動場所である沿岸部まではバスで近い所でも1時間ほどかかる為、作業効率のみを考えれば地理条件に恵まれているとは言えないが、その代わりに日々の生活に余裕が持て、津波被災地から離れているが故に気持ちの切り替えをし易いというメリットがあるように感じた。亜急性期まではそうも行かなかったのではあろうが・・・。

ボランティア活動は瓦礫撤去など募集人員が多いものは朝7:30の朝礼で決定
IMAG0850.jpg
小規模や単発、ソフト系の求人はセンター内の廊下掲示板にボランティア求人票が張り出されるので各自参加したいものに自分の名前を記入、詳細を問い合わせる。自分も事務局の了解を得た上でここに絵本読み聞かせの求人票を出させていただいた。
SANY0002.jpg
遠野まごころネットセンター内の廊下に受付近くボランティアの求人票。がれき撤去等の大人数では無い小規模なものや単発の


受付時に貰うお店マップ。事務局ここまでフォローしてくれる。感謝m(__)m
IMAG0769.jpg
 
posted by HappyBivouac at 16:11| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。