Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年09月19日

遠野日記9 遠野物語

遠野の事を少し。
 遠野での約2週間の滞在。本当に気持ちの良い、自然に溢れた場所であると感じた。
8月31日に遠野入りしてすぐに台風の影響で天候は良くなかったが9月2日までの3日間連続で「狐の嫁入り」に遭遇。
IMAG0794.jpg
遠野の上だけポッカリ青空が覗き見事な虹が、手を伸ばせば届きそうという常套句通りの近さに見える。2日目、3日目の虹は二重に見えた。
 九州から出てくる時に、虫除けスプレー・虫刺されの薬を完備してきたのだが開けっ放しの体育館に寝泊りしているのに蚊が居ない。それは冬が如何に厳しいかを表しているのだろうがとりあえず今は湿度が低く過ごしやすい気候に感動した。

 滞在後半は天候に恵まれたが朝は霧が街を覆う。湯布院の朝霧を思わせる濃いミルクのような霧で幻想的だ。山に囲まれた地形、不思議で心地よい天候。遠野物語のような不思議な話が醸成される風土が揃っているのだと感じる。

 9/5、読み聞かせの合間に4時間ほど時間が出来たので市立博物館へ。310円を支払い遠野物語の世界を堪能。語り部は居ないがミニシアターで楽しめる。
 水木しげるによるカッパのキャラクターも作られているようで、水木プロダクション作成のアニメも上映されている。しかし遠野物語には水木しげるも軽すぎる。
 遠野物語を読んで遠野に来るとその不思議さ、妖しさ、奥深さは昔ながらの朴訥な語り、切り絵などの素朴な絵面の方が合う。個人的な意見ですがね。
IMAG0830.jpg
IMAG0826.jpg
鹿(しし)踊りは独特の面白いデザインで気に入った(^_^)

IMAG0845.jpg
鮭や銀たらが一本売りされているのは書いたが魚介類は概して安い。大分ではヤズと呼ぶ、ブリの子だと思うんだが「そっこ」と書かれていたな。ホタテや秋刀魚も安くて美味しそう。
スイーツ。
明けがらすは、、、と助言され食べませんでしたがm(__)m
IMAG0831.jpg
ひゅうず:まぁ何処にでもあるんだろうが大分で言うジリ焼き?こちらでは餃子みたいな形(名前・形共に火打石が由来?)粉を練って延ばしたもので黒砂糖・味噌・胡桃などを包み焼いている。
 こちらでは自分の大好きな胡桃が良く使われている。くるみゆべしも美味しかったな。また味噌もヘビロテで、九州で「焼きおにぎり」と言えばしょうゆダレだが、こちらは味噌がまんべんなく塗られている。これも大好き(^_^)そういえばスーパーで売られてた揚げ餅にも味噌味がしたぞ。大阪から来たヤツがセンターでキャンドルナイトの準備中「味噌臭ぁないっすか?」って言ってたのが面白かった。
自分も感じてたんだけど町全体にそんな香りがしてたような気がする。でも悪く言ってんじゃない。子どもの頃、実家から30m程の所に醤油造があって醤油の香りが漂っていたのを思い出す。そんな雰囲気も懐かしさを感じさせる遠野。

 遠野市内の昨冬の最低気温は‐19℃だったらしく流石東北、厳しい顔は窺うことも出来なかったが極寒の季節にも来て見たいな。モチロン完全冬山装備で(^_^;)
IMAG0846.jpg
サトネさんがローソンから岩手県版パパブックを持ってきてくれました(^_^)
posted by HappyBivouac at 09:30| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。