Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年09月23日

遠野日記12 9/9引っ越しボランティア

この日は引っ越し手伝いボランティア車(RV)遠野市のアパートに住んでいる方が釜石市の仮設団地へ引っ越すお手伝い。3tトラック運転手をということで運転好きは飛びついた。
IMAG0840.jpg
 実は引っ越しについて、その手段が無い依頼者の方が当初自治体へ相談したが「そういうことまではやっていない」とにべもなく断られたため、ご自分で遠野まごころネットを探し相談したのが事の発端らしい。まごころネット等のボランティアを探せなかった人はどうするのか?そもそも高齢者等でボランティアに頼ろうという選択肢を思いつく人がどのくらいいるだろう?

 住宅地の少し入った所のアパート。おじいちゃんおばあちゃんと40歳代の女性の方が居た。他のご家族は、仕事・学校かな。冷蔵庫・テレビ・洗濯機は「日本赤十字社」のステッカーが貼られた真新しいもの。その他にも無いことはないが一家のものとしてはとても少なく感じる荷物。「無駄な物が無い」感じ。

 男3人のボランティアで、仕事はサクサク進み正味3時間ほどで仮設に運び込み、洗濯機のホース直結まで終了(^.^)。

 終わりにと女性の方が我々3人に大きなおにぎりを2つずつくれた。中身が赤く滲んでいる。「具を一杯入れすぎて、ごめんなさい」と謝られたそれは筋子。
 こちらでは鮭を一本買って筋子は自前で油漬けにして豪快にご飯にかけて食う、という事を聞いていたので驚きはしなかったが強く握れば崩れそうなくらい筋子が詰まったおにぎり。情を感じた。
 運んだ荷物の中で食糧といえばお米が一俵入りの紙袋にもうあと6,7`くらいだろうか、その他はあまり気づく物が無かった。全部で6個のおにぎりを6人みんな1個ずつで分ければなんて考えが浮かんだのは帰路についてすぐ。自分が情けないながら心尽くしのおにぎりを頬張らせて貰った。
 本当に本当に本当に、美味しかった。

 往きのトラックの中でラジオをつけるとカントリーが流れてきた。その時初めてこちらに来て10日ほど音楽をちゃんと聴いていなかったこと、そして音楽が体に沁みわたるのを感じた。
 自分の判断でipodも置いてきたし別に欲していると自覚していた訳でも無いのに。遠野の風景と音楽が合っていたからかも知れないがとても癒された。

 他愛もない無駄な物に囲まれた生活がいかに大切か。そしてそのような物を災害に剥ぎ取られながらも仮設に入った段階で自立とみなされ公的な補助がほぼ無くなるという現実を目の当たりにした一日。


posted by HappyBivouac at 16:41| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

遠野日記11 アートで元気子どもが元気2

IMAG0896.jpg
6/8 この日は大槌町にあるお寺を借りて。井上ひさしに取り上げられ小説にもなった地区、吉里吉里。コミュニティーが非常に強く、甚大な被害が出たにもかかわらず自衛隊が訪れたときには幹線道路の瓦礫が撤去されていた、という逸話をガイドボランティアから聞く。あの被害を被ってそれを成し遂げることがどれほどのことか。

小学校も当然消滅したとのこと。こちらのお寺は高台にあり津波を免れたため震災後の避難所に始まり心の寄り処ともなっているよう。
IMAG0919.jpg

40人ほどの4年生クラスが元気に到着。挨拶を終えると早速お絵かき。
描く描くわーい(嬉しい顔)
IMAG0897.jpg

しかし、中に二人ほど筆の進まない子がいた。茶色い●を一つ描いたっきり紙を見つめている。「好きな食べ物は?」なんて水を向けてみてやっとリンゴと魚を描いてくれた。他のメンバーの保育学科のお兄ちゃん学生が付いてくれその後も少し描いてくれたのだが保育者でもない自分には無力感のみ。
みんなが描いた絵にはほとんどの子が「がんばろう」系のコピーが入る。
IMAG0895.jpg
IMAG0900.jpg
IMAG0901.jpg
IMAG0902.jpg
IMAG0903.jpg
IMAG0906.jpg
IMAG0910.jpg
IMAG0913.jpg
IMAG0914.jpg
九州でも見られる、今やお決まりのコピーだがここの子ども達が書いたものを見ると泣きたい気持になる。。

大分に帰った後、「へぇ!半年も経ってまだ癒えて無い子がいるの!?」と驚いた人がいた。知った顔で眉間に皺を寄せて見せるヤツより余程素直な方だと思う。だから出来ればそういう人に少しでも知ってもらいたい。
たとえば身元の判明した死亡者リスト等がネット上にある。津波時の写真もいっぱい見る事が出来る。
粉々になった命や家や生活。
それを閲覧した上で子ども達が描いたものを改めて見てもらいたい。本当に鳥肌が立つ。

どこぞの新聞記者が取材に来ており大学の先生にインタビューしていた。「暗い色で描いたりしないか」などと紋切り型の質問をしていたようで先生もうんざりしていたようだ。その割に描いている子どもの顔や描いた絵をどのくらい、ファインダー越しでは無くして見ていたか、とても疑問に思える動きだった。
posted by HappyBivouac at 15:27| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

遠野日記10 6/7,8アートで元気、子どもが元気

日課となった受付近くのボランティア求人票チェック。すると掲示板前で求人票を書き込んでいる人が。脇から覗くと赤く書かれた文字が目を引いた「やらせてください!」
IMAG08391.jpg
ソッコー名前記入(^o^)丿

ある大学の先生がメインになってやっているプログラム、つっても難しいこと抜きででーっかい紙に思いっきり絵を描いてもらおう!てこと。
SANY0081.jpg
そのお手伝い。
6/7は岩手県の支援学校。小学部から高等部までの子が通うとても立派な学校。敷地も広くゆったりした感じがとても気持ちが良い。

到着後急ぎ準備。絵具が散っても良いようにブルーシートを敷き、絵が描きやすいように斜めにかけたベニヤ板にロール紙を張り付ける。

子どもたちが、来た来た(^v^)
SANY0066.jpg

みんな思い思いの絵を。描きたい子は描く、歩き回る子は歩き回る。障害の度合いも違うのでやることも様々だけど、楽しい時間を過ごしていたみたい。
SANY0064.jpg

学校は少し標高が上がった所にあるためか全くの無傷に見えたがほんの1`程先は津波に襲われて荒涼たる荒れ地と化した街が広がる。当然この中にも・・・


posted by HappyBivouac at 16:24| Comment(0) | 東北ボランティア遠野日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。