Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ

2011年06月20日

震災復興チャリティーフォ-ラム

6/18 滋賀県で開催されたFatheringJapanによるイベントに。
震災により本来のイベントが延期となり代替としてのフォーラム開催だったが自分としてはとても行きたいと感じたため、高速バスでの強行軍を敢行。
18:30大分駅妻に見送って貰いバス発。最近は高速バス禁酒なんやね(-_-;)
明朝8:30 京都駅着。お疲れ。
1308352210911.jpg
大学時代の後輩で京都市消防局勤務の旧友に会う。彼の家で休憩しつつ四方山話を。え?「消防機器の改良・開発及び消防に関する論文」発表で会長賞?すげぇ。バクらせて下さい。
短時間だがとても濃い時間を過ごさせてもらった。これだけでも金使った甲斐あり。
琵琶湖のほとりまで車で送ってもらい
いよいよフォーラム。
1308385511934.jpg
感想。
・国崎氏演題「震災時、家族を守るために父親が出来ること」
短時間の講演のため住宅の耐震化というポイントほぼ一点に絞った内容だった。150〜250万円の投資(耐震改修)で、平均して2,200万円以上の住宅再建費を免れる事が出来るというお話。防災グッズを買い込むよりはるかに腰の上げにくい内容だけに伝えるのが難しかったことと思う。借地だから簡単にいじるわけにはいかないので、生き残りをかけて再度生活空間の地震対策を心に誓う。
・被災者、支援者からの報告
「報告」と名がついているからここは報告メイン。
プログラム最後の一言メッセージをよく考えなければ。
石川氏→ITリテラシーのアップで情報力・行動力アップを。
高橋氏→急速に支援熱が低下している。息の長い支援を。先ずは被災地に来て欲しい。
黒橋氏→子どもに寄り添う支援を。
池田氏→地域のリーダーになろう。
田中氏→家庭での会話を。可能な限り父親が震災について考え、教える。
・未来へのトークとメッセージ
「未来に向けた」ということで最も期待していたプログラムであった。しかし登壇者同士、会場の聴衆とのやり取りは皆無で報告会に徹してしまった。内容は確かにあるのだけれど、特に政治家さんの「私はこんなにやりました。」的なアピールの時間が冗長にすぎた。コーディネーターはホントに大変だったとは思うが(パワポは一人5ページまで)とかにしないと延々垂れ流されてもなぁ。意見を言いたくてウズウズ、というか終盤泣きそうなほどイライラしていたが思い入れ強すぎたのかな。結局消化不良のまま終了。是非も無し。せめてフォーラム後の交流会に出られれば良かったのだが時間がなくキャンセル。
いや学びは多かったんだが、残念。やるせない気持ちで降りだした雨の中を大津駅へ急いだ。
京都に戻り独り反省会。
IMAG0361.jpg
リド飲食街の串揚げの店「赤星」、サックリよりはカリッと揚がった自分好みの食感。美味しかった(^-^)お安いし★3.5で。
帰路。車中スタンダード席で二夜連続は流石にバッコリ疲れた。
お土産は国崎氏の防災絵本(長男)、防災マンガ(長女)、防犯本(妻)と生八ツ橋。
得たものは少なくとも実行&啓発せんとね。ボーナスで地震対策を。

posted by HappyBivouac at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。